自動データバックアップツールシャドウコピー

 Windowsには標準機能でシャドウコピーというバックアップ機能があるんだけど、PCによってはこれが最初から有効だったり、無効だったりするんだ。

 これはぜひ有効にしておいてね。

 この機能がすばらしいところは、例えばあなたが何かファイルを間違えて削除してしまった場合、ゴミ箱に残っていれば戻せるけど、そうじゃないと基本的にはもう戻すことは出来ません。

 でもこのシャドウコピーを有効にしておけば、100%ではないけれど、簡単にファイルを復活させることが出来るんだ。

 100%ではないけれど、というのは、シャドウコピーをとっておくためのスペースをどれだけ確保するかにもよって変わってくるよ。例えばファイルの量がとても多いのに、シャドウコピー用の容量が小さいと、全部バックアップを保持しておくことが出来ないから、バックアップが取れてない箇所が出る可能性があるよ。

 シャドウコピーの設定はバージョンごとに異なるので、「シャドウコピー 設定」とかで調べてみてね。

 データの復元方法はとても簡単。復元したいファイルまたはフォルダを右クリックして、プロパティを開いて、以前のバージョンのタブにもし過去の情報があれば、復元できるよ。ただし、一度復元すると、復元前の状態には戻せないので、復元ボタンを押さずに、一度コピーボタンを押して、上書きしてしまわないように、一度別の場所にコピーを作るといいよ。

 ただ、このシャドーコピーというのはあくまでそのPC内部または外付けHDD等にバックアップを取っているだけだから、そのHDDが故障してしまったら、データを戻すことは出来ないよ。だからデータのバックアップというよりは、間違って消してしまったファイルをある時点の状態に戻すことが出来るかも知れない程度に考えてね。また、シャドーコピーを有効化するときに、バックアップを保持するためのサイズ(全体の容量の何%分か)を指定するんだけど、もしこれが小さい場合、PC全体のバックアップは取れていない可能性があるから、もしHDDに余裕があれば、バックアップのサイズは大きくしておいた方がいいよ。

  もし、しっかりデータのバックアップを取っておきたいのなら、google driveとかdrop boxとかのクラウドバックアップサービスを使うのがお勧めだよ。